So-net無料ブログ作成
検索選択

個人情報の流れ方

ネットで買い物したり、アンケートに応募したり、会員証を作ったりして、知らず知らずのうちに、自分の個人情報をばら撒いている。
突然のDMや、勧誘電話もたまにあるのは仕方のないことだと思う。
でも、自分のデータがどこまで一人歩きしているのかは不明。
よく、名簿が漏洩してどうのとかっていうのが問題になっているが、銀行や公的機関の漏洩は社会問題だが、その他は、結局みんな自分で自分の情報を必要以上に外部に出しているという認識をしたほうがいいと思う。

電話帳

何年か前、矯正下着の電話アポのバイトにいっていたとき、電話帳のコピーを配られ、日々エリア別に片っ端からかけていた。それでも、売上に繋がっていたから、実は電話帳がいいんではないかと最近思う。
名簿やさんは、用途別に様々なデータを持っているのだろうけど、ある時は電話帳もありかな。自分は電話帳には載せていないけどね。

むかし

20代の頃、といっても結構前ですが、女子大学習院や青学など)の学生名簿を友達からあずかって、1冊1万円で売った覚えがある。
今はネットで、名簿業者とかすぐ検索できるけど、あの時、どうやってその買取業者に行き当たったのか全くもって記憶がない。
でも、昔も今も、形態は異なるけど個人情報は売買されているということの変わりはないのだ。
一般的な生活をしていれば、情報が流れていないほうが不思議な世の中なんだから。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。